ビジネスカード

アメックスビジネスカードの特徴を徹底解説!2020年最新

3種類のアメックスのビジネスカード

クレジットカードの契約を考えている個人事業主の中には、アメックスビジネスカードについて気になっているという方もいるのではないでしょうか。

アメックスビジネスカードは、個人事業主や経営者が申し込めるカードです。

アメックスビジネスカードを作ることで、会社にとってさまざまなメリットを得られます。

この記事では、アメックスビジネスカードの特徴やメリット、カードの種類、審査の厳しさなどについて徹底解説しているので、ぜひ参考にしてください。

アメックスビジネスカードの特徴

アメックスビジネスカードには、下記のような個人用にはない特徴があります。

  • 経費の支払いに利用できる
  • ビジネスとプライベートを分け確定申告を容易にできる
  • ビジネス向けの特典が付帯
  • 福利厚生プログラムに無料登録できる
  • 追加カードを作って経理を簡易にすることができる

その他にも個人用カードと同様のメリットもあります。1つずつ詳細を見ていきましょう。

経費の支払いに利用できる

出張費や仕入れ費用、接待費用、事業に関する税金の支払い、光熱費、派遣社員の人件費、オフィスサプライ、設備投資など、さまざまな経費の支払いを集約できます。

事前にアメックスの銀行口座に振り込めばいくらでも使える「デポジット制度」があるので、高額な支払いになっても問題ありません。さらに100円=1ポイントが貯まってお得です。

例えば、1000万円を事前入金しておけば限度額1000万円のクレジットカードとして使えます。
振込手数料は自己負担なので、他行宛振込手数料が無料の銀行から振込みましょう。

以下はアメックスビジネスカードで2400万円を事前入金し、合計で約3423万円支払った利用明細です。

アメックスビジネスプラチナで約3423万円支払った利用明細

なお、「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、ポイントの有効期限がなくなるとともに、効率よくポイントが貯まるボーナスポイントプラグラムに登録できるようになります。

メンバーシップ・リワード・プラスはビジネスゴールドカード以下は3,000円(税抜)、ビジネスプラチナカードは無料です。

ビジネスとプライベートを分け確定申告を容易にできる

ビジネスに関する支払いはビジネスアメックス、プライベートは個人用カードと分けることで、確定申告が楽になります。

ビジネスとプライベートの出費を同じカードで決済してしまうと、後で経費とプライベートの出費を分ける作業が大変です。

特に、個人事業主はビジネスとプライベートを同一のカードで決済してしまうという方が多いため、注意しましょう。

また、ビジネスアメックスに集約できていれば、税理士や税務署に対して経費であることを主張しやすいこともメリットです。

ビジネス向けの特典が付帯

2名のビジネスパーソン

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、個人向けのアメックスにはない個人事業主・中小企業経営者向けの付帯サービスが充実しています。

クラウド会計ソフト freeeにデータ連帯している

カードの利用情報はAPI連携により「クラウド会計ソフト freee」への自動取得が可能です。

そのため、会計の知識が浅くても簡単に経理業務が効率化できるとともに、経営分析にも役立ちます。通信やデータは暗号化により機密情報が厳重に保護されるため、安全・安心です。

また、利用明細はCSV、Excelファイル形式でダウンロードすることができます。スマホやタブレットからアプリでいつでも確認できるという点も便利です。

クラウド会計ソフト freeeは有料の登録制となっています。料金プランにより30日間は無料で試せるため、登録を検討する際には、気軽に試してみましょう。

日本最大級のビジネス情報データベースサービスが利用できる

ジー・サーチ」に月会費無料で登録することが可能で、ビジネスに関する情報を収集できます。ジー・サーチは日本最大級のビジネス情報データサービスです。

帝国データバンク企業情報や東京商工リサーチ企業情報も収録しているため、幅広いデータから知りたい情報をオンラインで入手できます。

収録されているデータの内容は、新聞や雑誌の記事、入札や落札の公告情報、企業情報、取引先の情報、市場の動向などさまざまです。ビジネスに役立つ情報をリサーチしたいときに活用しましょう。

ビジネス・コンサルティング・サービス

ビジネスを伸ばしたい、業務改善をしたいと考えている場合、適切な経営コンサルタントを紹介してくれて、簡単な経営相談が受けられます。

その他ビジネスのノウハウをまとめたCD/DVD、セミナーなどの料金優待もあります。

ビジネス・セービング

ビジネス上の重要な課題の一つである経費の見直しに大きく役立つプログラムです。

郵送・輸送、レンタカー、電話代行サービス、会議室、オフィス通販、ビジネス雑誌などでお得な優待割引が用意されています。

幅広い業種のプログラム参加加盟店にて、料金割引などのカード会員限定特典が利用できます(一覧)。

笑顔のビジネスマン
アメックスのビジネス・セービングを解説!ビジネスカード限定の優待

続きを見る

ビジネスカード限定の特約店

アメリカン・エキスプレスの個人カードにはない特約店があり、ビジネスで使いやすいお店で特別にボーナスポイントを獲得できます。

アメックスの法人カード会員向け「ボーナスポイント・パートナーズ」
アメックスビジネスカード限定のボーナスポイント・パートナーズを解説!

続きを見る

福利厚生プログラムに無料登録できる

法人向けの福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員に無料で登録できます。

VIP会員は本来月額500円(税抜)かかるため、年間で6,000円+税も得です。本人だけではなく、追加カードを持っている従業員も利用できます。

クラブオフに登録すると、旅行やレジャーに関する施設や日常で利用する施設など、75,000以上の契約施設が特別料金で利用可能です。VIP会員はさらに、限定プランや割引率アップなど、さまざまな面で優遇されます。

個人用アメックスカードと同様に、旅行・出張などで使える特典が豊富

8枚のアメックスカード

アメリカン・エキスプレスが発行している個人用クレジットカードと同様の特典もいくつか紹介します。

国内・海外傷害保険

国内旅行の場合、カード払いをした公共交通機関に搭乗中の事故、宿泊施設での事故による傷害で、ビジネスグリーンは最高5,000万円まで補償される国内旅行傷害保険が付きます。

海外旅行の場合も、国際線航空機のチケットやツアー代金などをカード払いした場合が対象です。傷害死亡・後遺障害で最高5,000 万円まで補償される海外旅行傷害保険が付きます。

オーバーシーズ・アシスト

海外旅行先で困ったら、日本語サポートサービスを24時間いつでも通話料無料で利用できます。

海外旅行中でも、世界中のほとんどの国から、レストランの予約や緊急時の医療機関の支援などを日本語で連絡することが可能です。

年会費12,000円(税抜)のアメックスビジネスグリーンでも、個人用カードだと年会費29,000円のアメックスゴールドと同じ海外サポートを利用できます。

手荷物宅配サービス(海外)

羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港から海外に行く際に、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送してくれるサービスです。

自宅から空港まで、帰国時には空港から自宅まで宅配可能です。

各種プロテクションも個人用同様に利用できる

スーツ姿の笑顔のOL

カードの不正利用や商品の破損、盗難など、万が一の事態に備えることができる各種プロテクションも利用できます。

オンライン・プロテクション

万が一、第三者に不正使用された場合、原則としてその利用金額を負担する必要はありません。そのため、オンラインでカードを利用する場合にも安心です。

ショッピング・プロテクション

国内外問わず、カードを使って購入したほとんどの商品を対象に、破損や盗難などの損害があった場合に補償されます。

補償対象期間は購入から90日間まで、補償金額は年間最高500万円まで、免責金額は1事故につき10,000円です。

ショッピング中の女性
アメックスのショッピング・プロテクションはメリット大のショッピング保険!他社と比較して優位

続きを見る

リターン・プロテクション

カードで購入した商品の返品を購入店が受け付けなかった場合、購入から90日間であれば1商品につき最高30,000円相当額まで、年間最高15万円相当額まで払い戻されます。

上記で紹介した内容や金額は概要です。詳細は補償規定で確認しましょう。

追加カードを作って経理を簡易にすることができる

「BE HAPPY」という紙をおでこに貼ったビジネスマンとオフィス

アメックスビジネスカードは従業員向けの追加カードを複数枚発行できます。

追加カードを従業員が持つことで、いつだれがいくら使ったのかを把握することが可能です。そのため、経理業務や事務処理の手間が軽減されます。

なお、ETCカードはアメックスビジネスカード1枚につき、年会費500円(税抜)で5枚まで発行可能です。

アメックスビジネスカードへの申し込みは、紹介キャンペーンがお得です。通常申し込みよりも大量のポイントを獲得できます。

アメックスの紹介プログラムの案内
アメックスの紹介キャンペーンを解説!2020年5月

続きを見る

アメックスビジネスカード3種類を徹底分析

キャビンアテンダント・クルー

ビジネスアメックスの種類はグリーン、ゴールド、プラチナの3種類があります。そのため、どの種類を選んだらいいのか悩む方もいることでしょう。

カードの種類で悩んでいる方に向けて、それぞれどのような違いがあるのかを解説していきます。

ビジネスアメックスはグリーン、ゴールド、プラチナの3種類

3種類のアメックスのビジネスカード

3種類はランクに違いがあります。最もスタンダードなカードは「グリーン」です。本来は「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」という名称ですが、愛称として「アメックスビジネスグリーン」と呼ばれています。

次にランクが上がるのが「ゴールド」で、最もランクが高いのが「プラチナ」です。

スタンダードなグリーンであっても、アメックスカードを持っているというだけでステータス性はあり、他社ゴールドカード相当と評価されています。

そして、ランクが上がるほど年会費は高額になりますが、サービスや付帯特典が優秀になることが特徴です。

アメックスビジネスカード3種類の違い

種類ごとに違いが出ている部分をまとめました。下の比較表をご覧ください。

  グリーン ゴールド プラチナ
年会費 12,000円(税抜) 31,000円(税抜) 13万円(税抜)
追加カード 1枚につき6,000円(税抜) 1枚につき12,000円(税抜) 4枚まで無料、5枚以降は1枚につき12,000円(税抜)
ポイント還元率 1.00% 1.00% 1.00%
主な特典 JALオンライン
「クラブオフ」のVIP会員
本人だけではなく同伴者1名まで空港ラウンジ無料
海外旅行先での24時間日本語サポート(案内だけではなく手配まで)
手荷物無料宅配サービス(往復)
東京・新宿・博多駅構内からホテルに手荷物無料配送
ヘルスケア無料電話健康相談
ビジネス・ダイニング by ぐるなび
コンシェルジュサービス
有名ホテルの上級会員の資格
ファイン・ホテル・アンド・リゾート
フリー・ステイ・ギフト
国内旅館の優待
アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
セカンドオピニオン・優秀な専門医の紹介
海外旅行傷害保険 最高5,000万円 最高1億円 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 最高5,000万円 最高5,000万円
キャンセル・プロテクション × ○(年間最高10万円) ○(年間最高10万円)
国内航空機遅延費 × ○(最高40,000円) ○(最高40,000円)
ビジネス・ワランティ・プラス × × ○(修理補修費)
カー・ピッキング・プロテクション × × ○(年間30万円まで)
ゴルフ保険 × × ○(最高1000万円)

アメックスビジネスグリーンと個人用の違い

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(アメックスビジネスグリーン)

年会費や追加カードの年会費は同じです。ポイントプログラムにおいても、2種類の差はありません。

個人用は、トラベルに関するサービスが多いことが特徴です。以下は、ビジネス用にはなく、個人用についているサービスです。

  • エアポート送迎サービス
  • プライオリティパスのスタンダード会員
  • 行きの手荷物無料宅配(ビジネスは帰国時のみ)
  • コットンクラブ・新国立劇場
  • タイムズ カーシェア 初期手数料無料

逆に、個人用にはなくビジネス用のみについているサービスは次の通りです。

  • 四半期管理レポート
  • ビジネスセービング
  • ビジネスコンサルティングサービス
  • ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」
  • ビジネス情報調査代行サービス
  • クラブオフ VIP会員
  • アメリカン・エキスプレス JALオンライン
  • オーバーシーズ・アシスト(個人用はグローバル・ホットライン)

個人向けアメックス・グリーンとビジネス・グリーンの違いについて比較します。

サービス内容 個人向けグリーン ビジネスグリーン
家族カード・追加カードの範囲 2親等以内の親族
内縁・同性婚
婚約者
役員・従業員
2親等以内の親族
ETCカードの費用(税抜) 新規発行手数料850円
年会費0円
新規発行手数料0円
年会費500円
手荷物無料宅配 往復(羽田/成田/中部/関空) 帰国時(成田/中部/関空)
海外旅行・出張のサポート グローバル・ホットライン オーバーシーズ・アシスト
海外旅行傷害保険(カッコ内は家族)
傷害死亡・後遺障害 最高5000万円(1000万) 最高5000万円(1000万)
傷害治療費用 最高100万円(同額) 最高300万円(-)
疾病治療費用 最高100万円(同額) 最高300万円(-)
賠償責任 最高3000万円(同額) 最高4000万円(-)
携行品損害 1旅行30万/年100万(同額) 1旅行50万/年100万(-)
救援者費用 最高200万円(同額) 最高400万円(-)
アメリカン・エキスプレス JALオンライン
クラブオフのVIP会員
コットンクラブ・新国立劇場
プライオリティパス スタンダード会員
タイムズ カーシェア 初期手数料無料
ビジネスカード会員限定イベント
リボ払い・分割払い ペイフレックス  ペイフレックス あとリボ for business

それぞれに長所があり、甲乙つけがたいカードスペックとなっています。

アメックスグリーン
アメックスグリーンは年会費以上の価値があるのか?メリット・デメリットを解説

続きを見る

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(アメックスビジネスグリーン)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)を専門家が解説!

続きを見る

アメックスビジネスゴールドと個人用の違い

アメックスゴールドとアメックスビジネスゴールド

グリーンと違い、ゴールドは年会費や追加カードの費用に違いが出ます。

  • ビジネス用:年会費31,000円(税抜)、追加カード12,000円(税抜)
  • 個人用:年会費29,000円(税抜)、家族カード1枚目無料、2枚目以降12,000円(税抜)

そして、個人用はエアポート送迎サービスやプライオリティパス、空港クロークサービスなど、トラベルに関するサービスが豊富です。

ビジネス用のみについているサービスは、国内航空機遅延費用のほか、ビジネス関連のサービスが多数付帯しています。

個人向けアメックス・ゴールドとビジネスゴールドカードの違いについて比較します(下表は全て税抜)。

サービス内容 個人向けゴールド ビジネスゴールド
年会費(本会員) 29,000円 31,000円
年会費(追加カード/家族カード) 1人目無料
2人目以降12,000円
1名12,000円
家族カード・追加カードの範囲 2親等以内の親族
内縁・同性婚
婚約者
役員・従業員
2親等以内の親族
ETCカードの費用(税抜) 新規発行手数料850円
年会費0円
新規発行手数料0円
年会費500円
レストランコース料理1名分無料 ゴールド・ダイニング
航空便・受託手荷物遅延費用補償 海外 国内
東京駅からの手荷物宅配サービス(当日)
ビジネス・ダイニング by ぐるなび
クラブオフのVIP会員
アメリカン・エキスプレス JALオンライン
プライオリティパス 年2回無料
ヘルスケア無料電話相談
American Express Experiences
タイムズ カーシェア 初期手数料無料
会員限定イベント ゴールド・カード限定 ビジネスカード限定
リボ払い・分割払い ペイフレックス  ペイフレックス あとリボ for business

航空便・受託手荷物遅延・紛失の保障は、個人用は海外、ビジネスゴールドは国内となっています。

主に以下はアメックスビジネスゴールドのみの長所です。

  • 東京・新宿・博多駅からホテルへの手荷物無料宅配、ビジネス・ダイニング by ぐるなび、JALオンライン
  • 24時間365日健康・医療相談サービスのヘルスケア無料電話健康相談

個人用のアメックスゴールドには、コース料理1名分無料サービスのゴールド・ダイニング by 招待日和がついているのが大きな特徴です。

ただし、類似のコース料理1名分無料サービスは、年会費2,000円(税抜)のオリコ EX Gold for Bizで利用できます。

国際ブランドがMastercardなので、アメックスの弱点の決済店舗をカバーできる側面もあるので、アメックスビジネスゴールドのサブカードとしてEX Gold for Bizを活用するのはおすすめです。

公式サイトオリコ EX Gold for Biz 公式キャンペーン

アメックスビジネスプラチナと個人用の違い

アメックスプラチナとアメックスビジネスプラチナ

プラチナカードは、ビジネス用と個人用の年会費に違いはありません。また、どちらも追加カードは4枚まで無料ですが、ビジネス用は5枚目以上も1枚につき年会費12,000円(税抜)で追加できます。

ETCカードの違いは、個人用は新規発行手数料が850円+税、年会費無料ですが、ビジネス用は新規発行手数料が無料、年会費が500円+税です。

サービス面でも違いがあります。個人用のみに付いているサービスは、誕生日プレゼントや外貨建決済ポイント3倍サービスです。

ビジネス用は、手荷物ホテル当日宅配サービス、アメリカン・エキスプレス JALオンライン、クラブオフVIP会員などが付帯されます。

個人向けアメックス・プラチナとビジネス・プラチナカードの違いについて比較します。

サービス内容 個人向けプラチナ ビジネスプラチナ
家族カード・追加カードの範囲 2親等以内の親族
内縁・同性婚
婚約者
役員・従業員
2親等以内の親族
ETCカードの費用(税抜) 新規発行手数料850円
年会費0円
新規発行手数料0円
年会費500円
コース料理1名分無料サービス 2 for 1 ダイニング
手荷物ホテル当日宅配サービス
ホームウェアプロテクション
ワランティープラス
オフィス・ワランティ・プラス
オフィスウェア・プロテクション
カー・ピッキング・プロテクション
誕生日プレゼント
個人賠償責任保険
スポーツ関連保険 ゴルフ保険 ゴルフ保険
ゴルフ保険のうち第三者賠償保険 最高50万円 最高5000万円
航空機遅延保険 海外 国内
クラブオフのVIP会員
アメリカン・エキスプレス JALオンライン
ビジネスカード限定サービス
ビジネスカード限定イベント
リボ払い・分割払い ペイフレックス  ペイフレックス あとリボ for business

特典での相違点では、ビジネス・プラチナの方は東京・新宿・博多駅構内の宅配カウンターで、宿泊先のホテルへ無料で当日配送してくれます。

これはアメックス・ビジネス・ゴールドにも付帯しているので、個人向けアメックス・プラチナ&アメックス・ビジネス・ゴールドという選択肢もあります。

家電関連の保証は、アメックス・プラチナの方はであり、アメックス・ビジネス・プラチナの方はオフィス・ワランティ・プラス、オフィスウェア・プロテクションです。

家電に関する保険の補償内容は個人向けアメックス・プラチナのワランティー・プラス、ホームウェア・プロテクションの方が、ビジネスプラチナよりハイスペックです。

ゴルフ保険のうち第三者賠償保険はビジネス・プラチナの方が優秀。カー・ピッキング・プロテクションもビジネスプラチナのみです。

アメックスプラチナ、ビジネスプラチナのどちらも紹介キャンペーンでの入会がお得です。通常申し込みよりも大量のポイントを獲得できます。

アメックスの紹介プログラムの案内
アメックスの紹介キャンペーンを解説!2020年5月

続きを見る

何を基準にカードを選ぶか

OL

ビジネスカードの種類は色々あるため、何を基準にカードを選ぶかを決めておくとよいでしょう。ステータス性を基準にするなら、アメックスカードが最適です。

ビジネスにおいてステータス性は大切な要素です。ステータス性の高いビジネスカードを持つことで、会社の信頼度が上がるなどのメリットが得られることでしょう。

アメックスカードを選ぶ最大のメリットは「ステータス性」

アメックスカードは年会費が高いことがデメリットだと感じる方もいることでしょう。
しかし、年会費が高いカードを持っていることがステータスとなり、ビジネスにおいてはメリットに変わることもあります。

個人用であればコスパで選ぶのもアリですが、ステータス性がものをいうビジネスの場合は選び方に気をつけましょう。

コストパフォーマンスのみで選ぶと、取引先の信頼や社会的ステータスなどにおいて最大級のメリットを得られないこともあるので注意が必要です。

ステータス性を前面に押し出すならゴールドやプラチナがおすすめ

ステータス性を重視するなら、カードの種類はゴールドやプラチナがおすすめです。年会費が高額な点が気になるかもしれませんが、年会費は会計上で経費として計上できます。

そのため、高額な年会費は大きなデメリットにはなりません。経費処理の方法としては、手数料・諸会費などの勘定科目で、年会費の全額を計上できます。

デメリット

アメックスビジネスカードデメリットは高い年会費です。ビジネスグリーンは12,000円+税、ビジネスゴールドは31,000円+税、ビジネスプラチナは13万円+税も必要です。

コスト負担が重いと考える場合、年会費無料で1%還元、ショッピング保険や海外旅行傷害保険も付帯する「NTTファイナンス Bizカード レギュラー」がおすすめ。コストパフォーマンスが最良のビジネスカードです。

アメックスビジネスカードの審査は厳しいか

アメリカン・エキスプレス本社の壁

アメックスビジネスカードは他社カードよりも年会費が高いため、審査が厳しそうというイメージを持っている方が多いです。実際に審査の厳しさはどうなのでしょうか。

審査の厳しさと、審査に必要な書類や審査期間について調査しました。

他社ビジネスカードよりは通りやすい印象

審査はそれほど厳しい印象はありません。その理由は、1年目の企業や個人事業者でもアメックスビジネスカードを持っている方が多いからです。

他社の一部ビジネスカードでは、法人や会社経営者しか審査に通らないこともあります。また、審査には会社の設立年数や経営状況が重視されることも多いです。

一方でアメックスビジネスカードは、申し込みをした本人の個人として信頼性を重視している傾向があるため、比較的作りやすいビジネスカードだといえるでしょう。

法人を設立したらアメックスからビジネスゴールドカードのDMが届くことも多いです。開業・設立直後でも申し込めてユーザーフレンドリーです。

審査に必要な書類と審査期間

専用ウェブサイトへアップロード、FAX、郵送のうちいずれかの方法を利用して、必要な書類を提出します。

個人事業主は、以下の公的証明書類のうちのいずれか2つが必要です。

代表例

  • 運転免許証 (住所変更の場合は両面)
  • 運転経歴証明書 (住所変更の場合は両面)※2012年4月1日以降の発行に限る
  • 健康保険証 (氏名、生年月日、住所の記載面)
  • パスポート (氏名、生年月日、住所の記載面)
  • 住民票の写し(発行日より6ヶ月以内)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • 写真付き住民基本台帳カード (住所変更の場合は両面)
  • 在留カード (住所変更の場合は両面)
  • 特別永住者証明書 (住所変更の場合は両面)

法人格のある法人代表向けのビジネスカードの審査では、上記の公的証明書類に加えて、以下のうちいずれかひとつを提出します。

追加書類

  • 商業登記簿謄本
  • 登記事項証明書

また、ビジネスカードの申し込みをしてから審査の結果がわかるまで、約10日ほどです。その後、約2週間後にカードが届きます。

ビジネスに利用できるアメックスカードには大企業向けコーポレートカードもある

アメックスビジネスカードは個人の申し込みが可能ですが、コーポレートカードは大企業・中堅企業向けを対象としており、個人で申し込むことはできません。法人が対象のクレジットカードです。

アメリカン・エキスプレス・コーポレート・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・コーポレート・カード

コーポレートカードは経費の管理などに役立つさまざまなサポートが付いていることが特徴です。

例えば、会社の経費精算システムにカードの利用データを連携できたり、部署別など個別に利用可能額が設定できたりします。

コスト管理や分析に役立つオンライン・データベース「@ Work」も利用可能です。

アメックスカードに何を求めるかによってカードを選ぶ

アメックスの東京離宮センチュリオンラウンジの建物(側面)

アメックスカードは、ステータスの高さを主張できることがポイントです。カードのランクが上がれば上がるほどステータス性も高くなります。

また、空港やトラベル関係、海外でのトラブルに対してのサポートが充実しているため、海外によく行く方にも向いています。

会社設立後すぐ、または個人事業主でもカードの審査に通ることがあるため、これから周りにステータス性をアピールしながら、自分や会社の信頼度を上げていきたいと思っている人におすすめです。

まとめ

キャビンアテンダント

ステータス性の高いアメックスビジネスカードを持つことで、自分のビジネスおよび会社の信頼性が上がるのが特徴です。

また、ビジネスとプライベートを分けることで、経理業務や事務処理の効率化を図ることも可能です。

更に事前に振り込めばその範囲でカードショッピングが可能なので、利用限度額が成約になってビジネスに支障をきたす事態もなくなります。

事業がある程度一定規模になってきたら、アメックスビジネスカードを作ることを考えてみませんか。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(アメックスビジネスグリーン)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)を専門家が解説!

続きを見る

アメックスビジネスゴールド
アメックスビジネスゴールドを専門家が解説!年会費を上回る特典があるか検証

続きを見る

アメックスビジネスカードへの申し込みは、紹介キャンペーンがお得です。通常申し込みよりも大量のポイントを獲得できます。

アメックスの紹介プログラムの案内
アメックスの紹介キャンペーンを解説!2020年5月

続きを見る

-ビジネスカード

Copyright© アメックスガイド , 2020 All Rights Reserved.