アメックスの特典

アメックスグリーンの特徴は?「旅行好きの強い味方」といわれる理由

アメックスグリーン

アメックスグリーンは、旅行・出張の機会が多い方に適しているといわれるクレジットカードです。年会費が高額なこともあり、「旅行は好きだがアメックスグリーンをつくろうかどうか迷っている」という方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、アメックスグリーンの魅力的な特徴や、旅行好きに向いている理由を徹底解説します。

アメックスならではの特典情報を得ることが可能です。グリーンはもちろん、ゴールドカードやプラチナカードとの比較について知るためにも役立つでしょう。

目次

アメックスグリーンの特徴は旅行に行ったときに強みを発揮する特典が多いこと

アメックスグリーンは、アメリカン・エキスプレス・カードの略称です。他のクレジットカードと比較すると年会費が高額であるため、高所得者向けのカードとしても知られています。

しかし、特徴としては特典が充実している点が挙げられます。有効活用できれば無駄な出費とは感じないでしょう。旅行好きな方に向いていると言われる特徴の理由についてご紹介します。

空港での特徴1:無料で空港ラウンジを利用できる「空港ラウンジサービス」

アメックスグリーンには、空港のラウンジを無料で利用できるサービスがあります。カードの名義人だけでなく、同伴者1人も一緒に利用が可能です。

地域空港名ラウンジ名
北海道新千歳空港スーパーラウンジ
ノースラウンジ
函館空港国内線ビジネスラウンジ
東北青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台空港ビジネスラウンジ EAST SIDE
関東羽田空港第1旅客ターミナル POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE NORTH / SOUTH
第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE NORTH
第3旅客ターミナル
SKY LOUNGE
成田国際空港IASS EXECUTIVE LOUNG 1
IASS EXECUTIVE LOUNG 2
(※各ラウンジでアルコール1杯無料)
中部
北陸
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港ラウンジ らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
中部国際空港セントレアプレミアムラウンジ セントレア(アルコール無料)
関西大阪国際空港
(伊丹空港)
ラウンジオーサカ
関西国際空港カードメンバーズラウンジ 六甲/アネックス六甲/金剛/比叡
神戸空港ラウンジ神戸
中国岡山空港ラウンジ マスカット
広島空港ビジネスラウンジ もみじ
米子鬼太郎空港ラウンジ DAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
四国高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島空港エアポートラウンジ ヴォルティス
九州
沖縄
北九州空港ラウンジひまわり
福岡空港くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
長崎空港ビジネスラウンジ アザレア
大分空港ラウンジ くにさき
阿蘇くまもと空港ラウンジ ASO(アルコール無料)
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華~hana~
ハワイダニエル・
K・イノウエ
国際空港
 IASS HAWAII LOUNGE

また、アメックスグリーンは、通常99米ドル(2020/4/4時点の1ドル108.55円換算で10,746円)の「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に年会費無料で登録できます。

世界中の143ヶ国・地域、500を超える都市で1,200ヵ所以上の空港VIPラウンジを使えます。

利用ごとに都度料金が発生。1回あたり32米ドル(2020/4/4時点の1ドル108.55円換算で3,474円)で利用できます。

ほとんどのラウンジには、電話、ファックス、電子メール、インターネット接続(Wi-Fi)の設備が整っており、コーヒー・お茶・お水等のドリンクが用意されています。アルコール、軽食、シャワーや会議室を備えたラウンジもあります。

本来はビジネスクラス以上の搭乗者か、航空マイレージプログラムの上級会員に限定されている航空会社運営のVIPラウンジは、シャワー室があるなど内容が充実しています。

日本国内ではKAL Business Class Loungeなどを利用可能です。

中部国際空港ではSTAR ALLIANCE LOUNGEも使えます(ファーストクラスセクションは対象外)。

各種ソフトドリンク、アルコール、パスタ、野菜炒め、揚げ物、デリ、サンドイッチ、サラダバー、ヌードルバー、おにぎり、ピラフ、ケーキ、果物などが用意されており、フルスペックの食事を楽しめるラウンジもあります。

台湾桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジ 台湾桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジのカウンター 台湾桃園国際空港のプラザプレミアムラウンジの食事、ビール、ワイン

また、プライオリティ・パスを保有していると、手荷物検査後にあるVIPラウンジを利用できるというメリットがあります。

搭乗開始のアナウンスがあってからラウンジを出ても十分に間に合うので、搭乗間際まで快適に寛げます。

プライオリティ・パスはスマホアプリ(iPhoneAndroid)もあり、空港にあるラウンジがすぐに検索・確認できるので便利です。

都度料金というのは微妙ですが、お腹ペコペコの状態でたくさんご飯を食べる場合や、お酒好きで何杯か飲む方であれば、十分にペイできます。

一例としてタイのスワンナプーム国際空港では、オマーン航空のラウンジを利用可能。シャワー・仮眠コーナーもあり、出発前のひと時をくつろぐことが可能です。

オマーン航空ラウンジのシャワー(スワンナプーム国際空港) オマーン航空ラウンジの仮眠コーナー(スワンナプーム国際空港)

フードも充実しており、サラダ・チーズ、小皿料理、ホットミール、炭水化物、フルーツ・ヨーグルト、スイーツまで一通り揃っています。

オマーン航空ラウンジのスワンナプーム国際空港のフードコーナー

飲み物ではソフトドリンク、ビール・洋酒・白赤ワイン等の基本的アルコールはもちろん、シャンパン・12年ものウイスキーも設置されています。

オマーン航空ラウンジの洋酒(スワンナプーム国際空港)

空港での特徴2:「海外旅行傷害保険」と「国内旅行傷害保険」がついている

旅行のための航空券やツアーの申し込み時にアメックスグリーンで決済すると、自動的に旅行損害保険を付帯する仕組みになっています。

国内はもちろん海外も対象です。補償を受けられるのは、アメックスグリーンの名義人と生計をともにする家族となっています。

日帰り旅行のように事前予約をしていない場合でも、旅行中の電車や飛行機の支払いをアメックスグリーンで行うと同様のサービスを付帯することが可能です。具体的な補償金額は以下のようになっています。

  • 傷害死亡保険金:国内外問わず5,000万円
  • 疾病治療費用保険金(海外):最高100万円
  • 賠償責任保険金(海外):最高3,000万円
  • 救援者費用保険金(海外):保険期間中最高200万円

支払い対象には一定の条件が設けられているため、どのようなケースが該当するのか確認しておくと安心です(旅行保険の規定)。

空港での特徴3:空港から自宅までの「手荷物宅配無料サービス」と「クローク無料サービス」

海外旅行の際には、自宅から空港までの往路と復路で手荷物の無料宅配サービスを利用できます。

アメックスグリーン会員1人につきスーツケースまたはゴルフバッグ1個が対象です。利用できる空港は以下の4か所に限られているため注意しましょう。

対象空港

  • 成田国際空港
  • 羽田空港国際線
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

空港到着後の待ち時間や乗り継ぎのあいだには、中部国際空港のみで手荷物預かりサービス「空港クローク」も利用できます。

荷物は2個までが対象です。長い待ち時間をレストランやラウンジで過ごす際には荷物が邪魔になるため、海外旅行で非常に役立つ特典といえるでしょう。

空港での特徴4:専用のタクシーが来てくれる「エアポート送迎タクシーサービス」

エアポート送迎サービスでは、自宅から空港、空港から自宅のタクシー送迎を格安で利用できる特典です。以下の空港から海外へ飛行する方が対象となっています。

対象空港

  • 成田国際空港
  • 羽田空港国際線
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

送迎可能なエリアは限られているため、利用前に確認しておくと安心です。特に帰国時は疲労もたまりやすいため、体を休めるためにも便利な特典です。一部エリアは有料となります。

空港での特徴5:空港パーキングおよびレンタカーサービスの利用割引

自宅から空港まで車でアクセスする場合、「空港から遠いパーキングしか見つからない」というケースも多く見られます。

アメックスグリーン会員であれば、空港から近いパーキングを選んで車を預ける「空港パーキング」のサービスが利用可能です。

対象空港

  • 成田国際空港
  • 関西国際空港

割引や洗車無料サービスといった特典が付帯されるのもアメックスグリーンならではの魅力です。

具体的な特典内容は空港により異なるため、頻繁に利用する空港がある方はあらかじめチェックしておきましょう。

旅行での特徴1:各種ホテル予約サイトでの割引

アメックスグリーンでは、お得な割引サービスを提供するホテル予約サイトが多数あります。以下のようなサイトで特典利用が可能です。

エクスペディアなどの予約サイトでは、海外・国内ツアーの割引サービスを利用することも可能です。

高級ホテルだけでなく格安のビジネスホテルが対象となっているサイトもあるため、利用シーンに合ったホテルを選びやすいのも魅力といえます。

旅行での特徴2:アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインが利用できる

アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン

飛行機やホテルの予約では、一般的なサイトだけでなくアメリカンエキスプレス・トラベルオンラインの利用も可能です。
アメックスグリーン会員のみが利用できるサイトで、割引やポイント制度も設けられています。

海外だけでなく、国内ホテルや航空券、レンタカーの予約も可能です。対象のホテルやレンタカーを予約すると、ボーナスとして追加ポイントを獲得できるサービスもあります。

貯まったポイントは旅行やお買いものに利用できるため、アメックスグリーンで支払うことも多い方には便利な特典です。

旅行での特徴3:海外携帯電話レンタルで割引が受けられる

携帯電話で通話するOL

旅行先で使用する海外用の携帯電話は、アメックスグリーンで決算すると通常料金の半額でレンタルできます。

対象空港

  • 成田国際空港
  • 羽田空港国際線
  • 関西国際空港

旅行先での通話料金は10%割引です。別途保険に加入すると、万が一紛失した際にも補償を受けられるため安心して利用できるでしょう。

旅行での特徴4:たまったポイントを航空マイルへ移行できる

羽田空港国際線ターミナル

ホテルの予約やお買いものにアメックスグリーンを利用した際、100円につき1ポイント獲得します。貯まったポイントはマイルに移行し、クーポンやアップグレード特典を受けることも可能です。

航空連盟航空会社名
スターアライアンスANA、シンガポール航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空
ワンワールドキャセイパシフィック航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カタール航空プリヴィレッジクラブ
スカイチームデルタ航空、フライング・ブルー(エールフランス航空・KLMオランダ航空)、アリタリア-イタリア航空、チャイナエアライン
なしヴァージン・アトランティック航空、エティハド航空、エミレーツ航空

日本国内の航空会社ではANAのみが対象ですが、15の航空会社でマイルへ移行できます。

旅行での特徴5:海外旅行先でも24時間日本語のサポートを受けられる

海外旅行先のコミュニケーションが困難な場合は、グローバル・ホットラインサービスの利用が可能です。アメリカをはじめ、イタリア、ニュージーランド、カリブ諸島など多くの国で役立ちます。

事故や体調の急変時など緊急を要するときだけでなく、レストランや航空券の予約なども対象です。24時間体制で受け付けているため、はじめての国への旅行で言葉に自信がない方でも安心して過ごせるでしょう。

ショッピング・日常のカード決済でも役立つのが特徴

アメックスカフェのツリー

海外旅行で特典の多いアメックスグリーンですが、日ごろの飲食や国内日帰り旅行でも活用できるサービスも魅力といえます。

複雑な手続きは必要ないケースがほとんどなため、カードを提示するだけで会員ならではの時間を過ごせるでしょう。

カード決済の特徴1:「ショッピングプロテクション」「リターンプロテクション」がついている

アメックスグリーンで購入した商品の破損や盗難被害を補償する特典が「ショッピングプロテクション」です。

購入から45日以内に連絡し、90日以内に提出することが条件となっています。購入者がカードの名義人であれば、プレゼント用の商品でも対象です。

「リターンプロテクション」は、商品の返品を希望したにもかかわらず店舗側が受理しないケースで利用できます。

店舗ではなくアメックス側に返品し、1商品につき最高3万円まで返金が可能です。ただし、返品対象は未使用で故障のない商品に限ります。

カード決済の特徴2:エンターテインメントや観光地での割引や無料サービスが付いてくる

アメックスグリーン会員は、以下のような施設とチケットサービスでさまざまな特典が利用可能です。

代表例

  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 新国立劇場
  • コットンクラブ

たとえば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンではアトラクションの待ち時間を短縮したり、限定のツアーに申し込んだりできます。

そのほかの施設でも、先行購入やドリンクの無料券獲得など、アメックスグリーン会員ならではの限定特典を堪能できるでしょう。

アメックスグリーンがある日常生活の特徴

カード情報のセキュリティを守る「オンライン・プロテクション」は、万が一不正利用があった際に原則アメックス側が負担するサービスです。ネットショッピングなどで第三者に情報が漏れた場合に適用されます。

また、高速道路を利用する方はETCカードの申し込みも可能です。新規発行時には850円(税抜)を要しますが、年会費は無料で利用できます。利用料の請求はアメックスグリーンと同時にくるため、引き落とし金額やタイミングも複雑になりません。

アメックスゴールドの特徴は「グリーンの特典」にプラスα

アメックスゴールド

アメックスカードのなかでもっとも年会費の安いグリーンは、年会費12,000円(税抜)です。さらにワンランク上のゴールドは29,000円(税抜)となり、グリーンよりも多彩な特典が備わっています。

旅行時のお得なサービスだけでなく、家族で活用できる嬉しい特典も多数ある点が魅力です。アメックスゴールドの特典についてご紹介します。

家族に嬉しい特徴1:家族カード1枚を無料で発行できる

アメックスゴールドは、家族カードが1枚年会費無料で利用可能です。名義人同様100円の支払いにつき1ポイント獲得でき、以下の特典も付帯します。

  • プライオリティパスが年2回無料
  • 空港ラウンジ
  • コース料理1名分無料サービス
  • オーバーシーズ・アシスト
  • 手荷物無料宅配サービス

基本カードよりは特典数が減るものの、日常的なお買いものから海外旅行まで十分に活用できるでしょう。

家族カードで支払った履歴は名義人が確認できるため、家計が簡単に把握できるのも魅力です。空港ラウンジが利用できる場所は、グリーンと変わらず国内外で29か所となっています。

家族に嬉しい特徴2:家族のチケット代もカバーしている「キャンセルプロテクション」

急な出張や入院など、何らかの理由で海外旅行の予定がキャンセルになった場合は「キャンセルプロテクション」を利用するとキャンセル料金を補償してくれます。生計をともにする家族であれば、同伴者のキャンセル料金も対象です。

ただし、出産での入院のような予測できるものは対象外となるため注意しましょう。補償金の限度額は、年間最大10万円です。
事故などで入院した場合は最大10万円、通院の場合は最大3万円となります。

家族に嬉しい特徴3:2人以上で食事をした時に1人分が無料になる「招待日和」

アメックス会員限定のインターネットサイトが「ゴールド・ダイニング by 招待日和」です。
対象のレストランでコース料理を2人以上予約すると、1人分の料金が無料になります。

2人で食事をすると半額になるため、非常にお得な特典といえるでしょう。なお、家族カード会員は利用できません。

  • リストランテ プリミ・バチ
  • モリキュール
  • オリゾン トウキョウ
  • レザンバサドール
  • ステーキ 花郷 祇園店
  • TAO SEAFOOD ASIA(シンガポール)

上記を含め、日本・シンガポールで多くの店舗が利用可能です。招待日和自体はカード会員以外でも入会可能ですが、入会は医師や特定の団体に限られているためアメックスゴールド会員の特権ともいえます。

空港での特徴:プライオリティ・パスのラウンジが年2回無料

プライオリティ・パスは世界中の148ヶ国、600を超える都市で1,300ヵ所以上の空港に設けられたVIPラウンジが利用できるサービスです。

通常は年会費が必要ですが、アメックスゴールド会員は名義人と家族カード会員が無料で登録できます。

無料ラウンジとの違いは、利用料金が必要な点です。アメックスグリーンは利用の都度料金を要しますが、ゴールドであれば年間2回まで無料で利用できます。

通常1回32米ドルがかかるため、1年で64米ドルを節約できるお得な特典です。

旅行での特徴1:航空便遅延補償がついている

飛行機の遅延が原因で宿泊や食事の出費が必要となった場合、一定の条件下で料金を補償するサービスがあります。

基本カード名義人が海外へ飛行する際にのみ利用可能な特典です。また、以下のような種類と料金に分けられています。

  • 乗り継ぎ遅延費用:1回最高2万円
  • 遅延・欠航・登場不能:1回最高2万円
  • 受託手荷物遅延:1回最高2万円
  • 受託手荷物紛失:1回最高4万円

遅延した時間などには細かい条件があるため、あらかじめ確認しておくと安心です。

旅行での特徴2:京都特別観光ラウンジが無料で利用できる

関西へ旅行する際は、京都特別観光ラウンジが無料で利用可能です。高台寺塔頭の圓徳院(えんとくいん)でアメックスプラチナカードを提示すると、以下のサービスが無料で利用できます。

  • お茶のご接待
  • 麦茶・冷やし飴(夏季限定)
  • 圓徳院拝観
  • 高台寺・掌美術館の拝観

また、車の場合は高台寺内のパーキングを1時間無料で利用可能です。同伴者3人まで対象となるため、家族旅行もお得に楽しめます。

アメックスゴールドがある日常生活の特徴

エノテカで購入した白ワイン

アメックスゴールド会員の特典である「ゴールド・ワインクラブ」では、世界最大級の品ぞろえを誇る「エノテカ」のワインを気軽に購入することが可能です。

ワインに詳しくない方でも、会員専用の窓口からエノテカ・オンラインのソムリエまたはバイヤーからアドバイスを受けられます。

ワインを購入する際には、ギフトボックスを無料で依頼することも可能です。さらに1万1,000円以上のお買いものであれば送料が無料となるため、高級なワインや希少なワインもお得に手に入れられます。

プラチナ・センチュリオンカードはグリーンより遥かに優れているのが特徴

アメックスグリーンのなかでもとくに上級なものがプラチナです。年会費は130,000円+税となり、カード本体は金属で作られています。そして、限られた人にのみ贈られるといわれるのがセンチュリオン・カードです。

プラチナ・カードの知名度は高く保有者も多いものの、センチュリオン・カードは一部しか利用者がいません。アメックスの高級なカード2種の特典についてご紹介します。

アメックスプラチナカードの特徴

青空とアメックスプラチナ

アメックスプラチナカードの特典は以下のとおりです。

  • 外貨建決済が100円の支払いにつき3ポイント
  • アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
  • ファイン・ホテル・アンド・リゾート
  • ハワイも対象のコース料理1名分無料サービス
  • 旅行傷害保険(最高1億円)
  • Kiwami 50
  • ホームウェア・プロテクション

上記以外にも多数の特典があり、グリーンやゴールドで利用できるものはほとんどすべて対象となっています。

手荷物無料宅配サービスではスーツケース2個までが対象です。旅行傷害保険では最高1億円の補償が受けられるため、長期の海外旅行でも安心感が高まるでしょう。

「Kiwami 50」は、年間50店舗もの人気レストランを貸し切って堪能できるサービスです。

自宅の電化製品やカメラなどの破損を補償する「ホームウェア・プロテクション」は、プラチナカードで購入していないものも対象となります。

アメックスセンチュリオンカードの特徴

アメックス・センチュリオンのチタンカード

アメックスセンチュリオンカードは別名ブラックカードという名前で知られ、アメックスのなかでも最上級にあたるカードです。

アメックスの公式サイトにも情報がほとんど掲載されていません。

自分から申し込み可能なプラチナカードとは違い、アメックス側からのインビテーションがないと加入できないのが原則です。一般人が安易に所有できるカードではありません。

ハワイに行くとアメックスグリーンの特典はどのくらい「使える」か

アメックスグリーンの所有者がハワイへ旅行するケースを仮定して、空港や現地でどのくらい活用できるのがご紹介します。特典の詳細よりも、具体的な利用シーンを想定した解説です。

これからアメックスグリーンの申し込みを考えている方は、自分が実行する海外旅行と照らし合わせるとプランを立てやすくなるでしょう。

空港で使える特典

空港送迎

エアポート送迎サービスの対応エリアに自宅がある場合は、自宅を出る前に提携タクシーをチャーターします。自家用車の場合は、空港までアクセスしやすいパーキングを割引価格で利用しましょう。

荷物が多く移動しにくいときは、無料ポーターサービスを利用してチェックインカウンターまでスタッフに運んでもらうことが可能です。

空港到着後は無料のラウンジで待ち時間を快適に過ごします。グリーンカードは同伴者1人が無料となるため、人数が多い場合は注意しましょう。

飛行機に持って入る手荷物は待ち時間に邪魔になることが多いため、空港クロークサービス(中部国際空港のみ)を利用して預けておくと便利です。

中部国際空港セントレア

空港からホテルまでの間で使える特典

ハワイ到着後、ホテルまで距離がある場合は現地のレンタカーを手配します。航空券やホテルと同様、事前の予約が必要となることを理解しておくと安心です。

「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」ではレンタカーの予約も依頼できるため、事前に連絡しておくとよいでしょう。

ハワイの空港から宿泊予定のホテルまでスムーズに移動できます。何らかのトラブルが発生した際には、日本語サポートを利用できるため英語がわからなくても問題ありません。

上位カードの場合はホテルがランクアップする可能性がある

予約したホテルに着いたらチェックイン手続きを行ないます。

アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインやH.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクを使うことで、ポイントUP特典やお得な料金を享受できます。

傷害保険とオーバーシーズ・アシストは旅行全体の安心をカバーしてくれる

万が一ハワイで事故に遭遇した場合は、旅行傷害保険を利用します。カードでの決済時に自動で付帯されるサービスのため、新たに加入する必要はありません。

事故や病気により保険での対応が必要になった際は、すみやかにグローバルホットラインまで連絡しましょう。

救急車や病院など、現地の方たちとコミュニケーションをとるのが困難な場合はグローバル・ホットラインを活用します。

夜中でも受け付けが可能です。現地の言葉を聞き間違えるとトラブルに発展しかねないため、少しでも不安がある方は迷わず連絡しましょう。

【注意点】お買いものでアメックスグリーンが使えない場所もある

世界中でお得に利用できるアメックスグリーンですが、ハワイで利用できない場所も複数あります。

アメックスグリーンをメイン利用するのは問題ないものの、使えない可能性も考慮したほうがよいでしょう。

店舗を問わずお買いものしやすいのは、アメックスグリーンに加えて現金も持ち歩くことです。

しかし、ハワイは日本より治安が悪いといわれているため大金を持ち歩くのは控えたほうが賢明といえます。

VISA、Mastercardのどちらかのクレジットカードもしくはデビットカードを備えておくのも一つの方法です。

アメックスグリーンの知名度は抜群

アメックスカフェ

アメックスグリーンは年会費が高額なクレジットカードですが、知名度は世界的にもトップレベルといえるでしょう。クレジットカードを持っている方であれば、ほとんどの方が知るカードです。

また、アメックスグリーンを所有することでステータスの高さを証明する材料としても役立ちます。

すべての所有者が高所得層にあたるわけではありませんが、少なくとも金銭的な信頼の高さはアピールできるでしょう。ステータスとしては、まさに最高クラスのカードともいえます。

まとめ

アメックスグリーン
国際ブランド
  • アメックスのロゴ
対応電子マネー・Pay
  • QUICPayのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • アメリカン・エキスプレス コンタクトレスのマーク
  • Apple Payでアメックスのタッチ決済が使えるマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • リボ払い
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ショッピング保険
年会費(税抜)発行スピード
本会員家族会員
12,000円6,000円約1週間
基本還元率マイル還元率ポイント名
1.0%ANA1.0%、その他0.8%メンバーシップ・リワード
  • 空港ラウンジ無料で使い放題(同伴者1名まで)
  • 手荷物無料宅配サービス(往復)
  • プライオリティパスのスタンダード会員(都度料金)
  • 充実の付帯保険(返品まで補償)
  • アメックスの豊富なイベントにポイントで参加可能

世界的な知名度を誇るアメックスグリーンは、12,000円(税抜)の年会費を必要とする高級クレジットカードカードです。

金額だけ見ると高額に感じますが、旅行好きな方にとっては魅力的な特典も多数あるのが特徴です。

主なメリット

  • ANAマイル還元率が1%
  • Amazon・Yahoo!ショッピング・JAL・HIS・iTunes等は3%還元
  • 同伴者1名まで空港ラウンジ無料で使い放題
  • 往復1個の手荷物無料宅配
  • 24時間日本語無料電話サポート
  • 年500万円のショッピング保険
  • アメックスの豊富なイベントにポイントで参加可能
  • 事前入金したら利用限度額が無限の「デポジット制度」

とくに旅行・出張で利用できるサービスが多いため、「1年に1回以上海外旅行に行く」「国内旅行・出張が多い」という方に適したカードといえるでしょう。

アメックスグリーンの特徴としては、上位カードも豊富である点が挙げられます。

上のランクはゴールド・プラチナ・センチュリオンといったグレードに分かれています。

グリーンでも豊富な特典が用意されていますが、ライフスタイルや希望に合ったカードを選ぶことが大切です。

日本国内では幅広い空港ラウンジを利用でき、同伴者1名も無料なのでフライトで役立ちます。

対象空港

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台国際空港
  • 羽田空港(第1・第2・第3ターミナル)
  • 成田国際空港(第1・第2ターミナル)
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 中部国際空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港
  • 北九州国際空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港

今回ご紹介した内容以外にも、さまざまな特典が利用可能です。お得に利用できるだけでなく「アメックスグリーンを持っている」という事実だけでも自信につながるでしょう。

高額に思える年会費も、特典内容やアメックスならではのステータスを考慮すると納得の金額といえます。

アメックスグリーン
アメックスグリーンは年会費以上の価値があるのか?メリット・デメリット・審査難易度を解説

続きを見る

アメックスグリーンを使いこなすと、日々の生活が豊かになり、人生がもっと楽しくなります。

アメックスグリーン
アメックスグリーンの特典を使いこなす方法!2021年最新

続きを見る

アメックスへの入会を検討中の方や旅行好きな方は、ぜひこの機会にアメックスグリーンを手に入れてみてはいかがでしょうか。アメックスグリーンとともに、これまでよりも豪華な旅を実現しましょう。

現在、アメックス・グリーンは当サイト経由でお得なキャンペーンを行なっています。

「何でアメックスはこんなに破格のキャンペーンを行っているの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

これに関しては、アメックスの充実したサービス・高いステータスを実感すると、ずっと利用する方が多いからです。

当サイト経由なら18,000 ANAマイルをもらえるキャンペーンですので、アメックス・グリーンをまだお持ちでない方は、この機会にぜひ発行してみてはいかがでしょうか。

公式サイトアメックスグリーン 公式キャンペーン

-アメックスの特典

Copyright© アメックスガイド , 2021 All Rights Reserved.