アメックスの基礎知識

アメックスプラチナのインビテーションは不要で申込可能!手紙や電話は招待というより勧誘

アメックスプラチナ

アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カード(アメックスプラチナ)の申し込みにはインビテーションは不要であり、自分からインターネット、電話などで申し込めます。

アメックスプラチナに入会しませんかというインビテーションという名の郵便物、Eメール、電話があるケースもあります。これは限られた人しか入会できない訳ではなく、勧誘・営業の趣旨があります。

ただし、通常入会よりキャンペーンの内容が優遇されているケースもあるので、インビテーションが届いた場合はインターネットでの申し込みとどっちがお得か比較しましょう。

招待・自己申し込みのどちらも年会費は同一

アメックスプラチナの年会費は、本会員が130,000円(税抜)で、家族カードは4名無料です。これはインビテーションで入った場合も同じです。

アメックスの家族会員は範囲が広いのが特徴。アメックスプラチナの家族カードは、本会員とほぼ同じ特典を享受できるので、夫婦で保有する場合は費用対効果が向上します。

アメックスプラチナの年会費は高めですが、高級ホテルによく宿泊する方、海外旅行によく行く方、レストランをよく利用する方にとっては、豊富な特典で高い年会費を上回る便益を享受できるポテンシャルがあります。

ETCカードの年会費は無料。新規発行の際には850円(税抜)の発行手数料が必要ですが、初回のみでカード更新時は不要です。

 アメックスプラチナの保有コスト (税抜)
本会員年会費:130,000円
家族会員年会費:4人無料(発行枚数は最大4枚)
ETCカード発行手数料:850円
年会費:無料

インビテーションは不要で自己申し込みが可能

アメックスプラチナが入った箱の裏面

アメックスプラチナは年会費が143,000円(税込)と高額なので、インビテーションが必要なイメージがあります。

ただし、招待は不要となっており、自分から申し込むことが可能となっています。

インターネットでの入会、紹介の2種類があり、それぞれキャンペーンが開催されています。

必要な年収は300万円以上となっており、年収400万円・500万円ではなくても、300万円台で通過事例があります。

なお、パート・アルバイトはNGとなっており、正社員・正職員、個人事業主、企業経営者などがカード発行の対象となっています。

アメックスのイベント
アメックスの入会キャンペーンは特典が充実!ポイントやマイルのプレゼント

続きを見る

アメックスの紹介プログラムの案内
アメックスの紹介キャンペーンを解説!2021年最新

続きを見る

招待・自己申し込みのどちらも特典は同一

アメックスプラチナの「Platinum Card」という特典紹介・ニュース冊子

アメックスプラチナには豊富なベネフィットがあり、覚えきれないほどです。その中で主要な利点を厳選すると11つ挙げられます。

主なメリット

  • プラチナ・コンシェルジェ・サービス
  • ホテル・メンバーシップで3つのホテルの上級会員資格
  • フリー・ステイ・ギフトで年1回無料宿泊
  • アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
  • 卓越した海外サポート「プラチナ・カード・アシスト」
  • 2 for 1 ダイニングby招待日和でレストランが1名分無料
  • 予約の取りづらい名店の貸切イベント「KIWAMI 50」
  • ファイン・ホテル・アンド・リゾートで世界1,000ヶ所以上のホテルがお得
  • ANAマイル還元率が1%!Amazon等は3%還元
  • セカンド・プラチナ・カードを無料で発行可能!
  • 上質な金属製メタルカードと高いステータス

以下、詳細について掘り下げて解説します。

プラチナ・コンシェルジェ・サービス

アメックスプラチナ会員は「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」に、24時間365日の年中無休で依頼することが可能です。

アメックスのコールセンターの従業員は、ほとんどがアメリカン・エキスプレスの正社員であり、丁寧なサポートを受けられます。

航空券や電車のチケット、レンタカー、ホテル、旅館、レストランなどについて手配が可能で、チケット・領収書・その他書類は、すべて指定の住所に無料で送ってくれます。

アメックスはT&Eカードであることから、旅行・エンターテイメントに関するコンシェルジュサービスが優れています。

アメックスプラチナのコンシェルジェは、ガイドブックに載っておらず、ローカルの地元民に大人気の隠れた名店・レストランなども知っている点が優れています。

また、航空券の仮押さえサービスを提供しており、数日間程度は決済しなくても予約をキープしてくれます。会社員の方で有休を取れるか不透明な場合に便利です。

海外発券・ブッキングクラス指定での予約に対応しており、細かいマニアックな変更手数料も把握しています。

海外のタクシー中でスマホをなくしたところ、アメックスのコンシェルジェに相談したら探して空港まで届くよう手配してくれたケースに存在。

アメックス・プラチナの場合、電話だけでなくメールで回答を受け取ることも可能です。メールだと手が空いている時に見られますし、記録する必要もなくて便利!

ホテル・メンバーシップで3つのホテルの上級会員資格

アメックスプラチナのホテル・メンバーシップのページ

アメックスプラチナを保有していると、ホテルの上級会員の資格を得られます。VIPプログラムに参加できます。「ホテル・メンバーシップ」という名前です。

ホテルの上級会員の資格を取ろうとすると、年間にかなりの宿泊数が必要でハードルが高いのが現実。年間登録料が必要なことも。

アメックス・プラチナを持っているだけで、名だたる世界の有名ホテルの上級メンバーシップのサービスが受けられるようになります。

基本会員だけではなく、家族会員も対象となっているので、夫婦それぞれでグローバルホテルにてVIP待遇を受けられます。

なお、シャングリ・ラの上級会員資格は2021年3月末で終了しました。

マリオットボンヴォイ ゴールドエリート

マリオットボンヴォイ アプリの会員証(ゴールドエリート)

アメックス・プラチナは保有するだけで、Marriott Bonvoyの「ゴールドエリート」を維持できるようになり、上級会員なれはの特典を受けられます。

  • 無料の部屋アップグレード(当日の空室状況による)
  • 14時までのレイトチェックアウト(当日の空室状況による)
  • 宿泊で得られるポイントが+25%
  • ウェルカムギフトとしてマリオット ボンヴォイのポイントがプレゼント

ヒルトン・オナーズ ゴールド

ヒルトンオナーズのゴールド会員証

ヒルトン・オナーズでは通常なら20回の滞在または40泊、または75,000ベースポイントが必要なゴールド会員になれます。

主なメリット

  • ヒルトンのポイントが25%UP(ボーナスポイント加算)
  • 客室のアップグレード(空室状況による)
  • 毎日無料の朝食(会員と同室に宿泊の1名まで) or 1,000ポイント
  • フィットネスセンター・ヘルスクラブ無料(一部ホテル)
  • ミネラルウォーター2本
  • レイトチェックアウト

ラディソンリワード ゴールド

世界1,100を超えるホテルが参加しているホテルグループで、ラディソン、パークプラザ、パークイン、カントリーイン&スイーツなどが対象ホテルです。

  • 部屋のアップグレード(当日の空室状況による)
  • アーリーチェックイン、レイトチェックアウト(当日の空室状況による)
  • ウェルカムギフト
  • ボーナスポイント35%
  • レストランの料金15%OFF

ステータスマッチにも活用可能

アメックス・プラチナで取得したマリオットのゴールドエリート、ヒルトンのゴールドから、ベストウェスタンホテルのダイヤモンドにステータスマッチすることもできました。

本来は30泊または20滞在が必要なランクです。部屋のアップグレード、ギフト、ボーナスポイントの特典を享受できます。ポイントは航空マイルに移行できます。

フリー・ステイ・ギフトで年1回無料宿泊

アメックスプラチナのフリー・ステイ・ギフト

アメックスプラチナは毎年のカード更新時に、年1回ホテルに2名で1泊できる無料宿泊券「フリー・ステイ・ギフト」を得られます。

オークラ、日航ホテル、ハイアット、ヒルトン、プリンスホテル、ロイヤルパーク、三井不動産グループなどの対象ホテルに宿泊可能です(対象ホテル一覧)。

フリー・ステイ・ギフトの対象ホテルブランド

2021年4月からはホテルラインアップが充実して、特典対象外日が大幅に削減されて使いやすくなりました。

一部ホテルでは2連泊以上の予約で5,000円のホテルクレジットがプレゼントされます(フリー・ステイ・ギフトの詳細)。

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションの解説

アメックスプラチナは、世界中の148ヶ国、600を超える都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できます。

世界中の上質な空港ラウンジを利用できるので、海外旅行・出張の際に八面六臂の活躍を見せてくれます。

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

利用できるラウンジ網は「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」という名前で、インターネットにて空港・都市名で検索もできます。

  • The Centurion Lounge(センチュリオン・ラウンジ)
  • International American Express Lounges(インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ)
  • Delta Sky Club(デルタ スカイクラブ)
  • Airspace(エアスペース)
  • Escape Lounge US(エスケープ・ラウンジUS)
  • Plaza Premium Airport Lounges(プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ)
  • Lufthansa Lounges(ルフトハンザドイツ航空ラウンジ)
  • Priority Pass(プライオリティ・パス)
  • Japan Domestic Airport Lounge(日本国内空港ラウンジ)

空港ラウンジを無料で使えるクレジットカードの中でもエッジが利いています。

センチュリオンラウンジ

アメックスのセンチュリオンラウンジ

アメックス・プラチナ会員は、海外の空港に設置されているセンチュリオンラウンジ(The Centurion Lounge)に入れます。

アメックスらしい上質のインテリアでくつろげる空間となっています。

主なサービス内容

  • 新鮮な季節の食事、プレミアムバー(ソフトドリンク+豊富なアルコール)
  • 会員サービスデスク
  • シャワー
  • 大型薄型テレビ、雑誌・新聞
  • ファミリールーム、キッズルーム
  • 会議スペース、半個人用ワークスペース
  • 高速Wi-Fi、印刷、FAX、コピー、PC

センチュリオン・ラウンジはカード会員の他、同伴者2名まで無料で利用可能です。配偶者の家族会員も本人+同伴者2名が無料となります。

本会員カード+配偶者の家族カードの場合、同伴者が各2名まで無料になり、最大6名で使えます。家族連れに配慮した素晴らしいサービスです。

プライオリティ・パスのプレステージ会員が無料

アメックスプラチナのプライオリティパス

アメックス・プラチナは、世界中の148ヶ国、600を超える都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジを0円で利用できるプライオリティ・パスを無料で発行できます。

プライオリティパスで使えるラウンジには飲み物や軽食・スナック、インターネットサービスなどがあり、フライト前の一時を快適に過ごせます。

アルコール飲み放題、食事が充実、シャワー室があるなど内容が優れているラウンジもあってスペシャルです。利用可能です。

アメックスプラチナ会員は通常は年会費429米ドルであるプレステージ会員が0円です。1ドル103.1円(2021/1/4時点)換算だと年会費44,229円が無料になります。

アメックス・プラチナのプライオリティパスは、本人だけではなく同伴者も1名無料です。しかも、家族会員もプライオリティ・パスを無料で取得可能です。

4名まで無料で家族会員になれますので、最大5名分のプライオリティ・パスが無料となります。

4枚のプライオリティパス

アメックス・プラチナは、本会員・家族会員のいずれも無料入会でき、かつ同伴者1名無料なので夫婦でカードを持つと4名まで無料で利用可能。子供が2名いる場合は便利です。

無料でプライオリティパスが利用できる人数では日本3位であり、プライオリティ・パス無料の特典が付帯しているクレジットカードの中でも上質。

楽天プレミアムカードは年会費が10,000円(税抜)ですけれども、プライオリティパス付帯は本会員のみです。

アメックス・プラチナだと最大で5名まで無料でプライオリティパスを発行できるので、MAXで50,000円(税抜)分の価値が生じます。

この場合はプライオリティパスだけで年会費の約38.5%を取り戻すことが可能です。

同伴者がカード1枚あたり2名以上の場合は、1名につき32米ドルの料金が発生します。

デルタ航空ビジネスクラスラウンジ「デルタ スカイクラブ」

デルタスカイクラブ

デルタ航空を利用する際には、「デルタスカイクラブ」を利用できます。

デルタスカイクラブは、通常はビジネスクラス以上かゴールドメダリオン以上の場合のみ利用できます。

クオリティは秀逸であり、居心地よくて快適な空間の中で、食事、アルコールを含むドリンクを楽しんでくつろげます。

デルタスカイクラブのビュッフェコーナーデルタスカイクラブの食事デルタスカイクラブの赤白ワイン

搭乗クラスに関わらず、デルタ航空のラウンジを利用できるのはエッジが効いています。

その他、アメックス・プラチナはアメリカン・エキスプレス日本支社が提供している空港ラウンジを利用可能。国内外の主要空港のラウンジを同伴者1名まで無料で使い放題となっています。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

最上級の海外サポート「プラチナ・カード・アシスト」

アメックスプラチナの海外旅行傷害保険のイメージ

旅行先でのトラブル時のサポートサービス「プラチナ・カード・アシスト」があります。

主なサポート内容

  • 紛失時のカード緊急再発行(現地のホテルに速達で配送)
  • 電話での簡単な無料通訳
  • お忘れ物探索サービス
  • 本格的な通訳の派遣(有料)
  • 医師もしくは最寄りの医療施設の案内(場合によっては医師や救急車を派遣)
  • 入院費、医療費などの立て替え、帰国の手配
  • 弁護士の案内

アメックスプラチナを保有していたら、海外旅行・出張で困ったことが生じても、手厚いサポートを受けられます。

しかも、カード会員だけではなく、同行する家族(健康保険が同一か税法上の扶養関係にある6親等以内の血族・3親等以内の姻族)も利用可能です。

ファイン・ホテル・アンド・リゾートで世界1,000ヶ所以上のホテルがお得

アメックスプラチナのFHRのレイトチェックアウト特典の利用イメージ

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)では、世界1,100ヶ所以上の高級ホテルにて、上級会員のようなベネフィットを享受できます。

優待内容

  • 部屋のアップグレード ※当日の空室状況による
  • アーリーチェックイン(12:00から)※当日の空室状況による
  • レイト・チェックアウト(16:00まで)※予約時に確約
  • 朝食サービス(2名分)
  • 客室内のWi-Fi無料

ハイアット、コンラッド、ザ・ペニンシュラ、シャングリ・ラ、アマン、ザ・リッツ・カールトンなど世界中のラグジュアリーホテルが集結しており、上質なホテルにお得に宿泊できます。

各ホテルのオリジナル特典も用意されています。一例としては、館内レストラン利用代金100米ドル相当オフ、飲食・スパ・エステ等の館内施設で使えるクレジット100ドル、マッサージ2名分サービス等です。

アメックスプラチナで得られる海外旅行での金銭的価値

2 for 1 ダイニング by 招待日和でコース料理が1名分無料

アメックスプラチナのコース料理1名分無料サービスのイメージ

アメックスプラチナは、コース料理1名分無料サービスも利用できます。

高級レストランの所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料理代金が無料になります。

合計の利用回数に制限がなく、ハワイのレストランも利用可能な点が、その他招待日和系サービスと比較したメリットです。

アメックスゴールドのゴールドダイニングはハワイのレストランを使えませんので、ハワイ旅行の際にはアメックスプラチナが活躍します。

予約の取りづらい名店の貸切イベント「KIWAMI 50」

プラチナ・カード会員限定の予約困難なレストランでの貸切イベント「日本の極 KIWAMI 50」が、年50回ほど開催されています。

鮨さいとう、カンテサンス、エクアトゥールなど名店が揃っており、その日の特別メニューを堪能できます。

日本の極 KIWAMI 50の開催店舗例

ANAマイル還元率が1%!Amazon等は3%還元

ANAマイル・プレミアムポイントの画面

アメックスプラチナはカードショッピングで貯めたポイントをANAマイルに交換できます。年4万マイルまでは還元率1%でANAマイルを貯められるのがメリットです。

ANAカードであればもっと低コストで同じマイル還元となりますが、非ANAカードでは合格水準の還元率であり、メインカードとしても活用できるクオリティです。

メンバーシップ・リワード・プラスのボーナスポイントプログラムに登録すると、Amazon、Yahoo!ショッピング、iTunes Store、JAL、H.I.S.でポイント3倍になるのも大きなメリットです。

セカンド・プラチナ・カードを無料で発行可能!

アメックスプラチナとACカード

アメックス・プラチナは「セカンド・プラチナ・カード」を無料で発行・保有できます。ACカードとも呼ばれています。

セカンド・プラチナ・カードはカード券面の名前の横に「AC」という文字が刻印。ACは「Additional Card(アディショナル・カード)の略字です。

ACカードは光熱費・電話・インターネット・公共料金などの支払いの引き落としに使い、メインカードを日々の支払いに利用するという使い方が考えられます。

アメックスプラチナを紛失・盗難などで再発行すると、カード番号が変更されます。

固定費の支払いに使っていると、カード情報変更の手続きをする必要が生じるてしまいます。したがって、セカンド・プラチナ・カードは自宅に保管しておき、固定費の支払いに使うと便利です。

上質な金属製メタルカードと高いステータス

アメックスプラチナが入った箱

アメックスプラチナは金属製メタルカードであり、高級感に満ち溢れています。

お財布に入れて日々の決済に使うと、高い満足を感じられるのがメリットです。

アメックスプラチナ以外の金属製クレジットカードとしては、Luxury Cardが挙げられます(ラグジュアリーカードの種類)。

向いている方・不向きの方

アメックスプラチナを入れたカードケース

アメックスプラチナの主要なベネフィットに鑑みると、おすすめできる方、そうでない方が明白となります。

こんな方におすすめ

  • 旅行に強みがあるコンシェルジュサービスを使いたい
  • 海外旅行・出張に定期的に行く機会がある
  • ディナー1名数千円~2万円の高級レストランによく行く
  • 充実の海外サポートを利用したい
  • 金属製メタルカードに魅力を感じる

おすすめできない方

  • コストパフォーマンスを重視したい
  • 旅行・出張の機会が皆無
  • レストランの特典は不要
  • 金属製メタルカード・ステータスに無関心
  • クレジットカードは1枚しか持ちたくない(VisaかMastercardがおすすめ)

アメックスプラチナは年会費に見合った特典が充実しているステータスカードです。ただし、ライフスタイル・価値観によっては無用の長物となることもあります。

また、コスパを重視する場合は、年会費20,000円(税抜)のMUFGカード・プラチナ・アメックス、年200万円以上利用で年会費1万円+税のセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスも選択肢です。

総合的にアメックスプラチナは、コンシェルジェ、金属製メタルカード・世界中の空港ラウンジ特典・ホテル特典・コース料理1名分無料サービス・付帯保険・海外サポートに強みがあります。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

アメックスプラチナのインビテーションまとめ

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの申し込みにインビテーション(招待状)は不要です。インターネットや電話で自分から申し込むことが可能となっています。

仮にインビテーションという名のダイレクトメール、Eメール、電話などがあった場合、招待というよりは勧誘の趣旨が強いです。

ただし、インターネットでの自己申し込みと比較してお得なケースもあるので、どちらがお得なのか比較しましょう。

アメックスプラチナ
国際ブランド
  • アメックスのロゴ
電子マネー・Pay・NFC決済
  • QUICPayのロゴ
  • Apple Payのロゴ
  • d払いのロゴ
  • au PAYのロゴ
  • アメリカン・エキスプレス コンタクトレスのマーク
  • Apple Payでアメックスのタッチ決済が使えるマーク
  • ETC
  • 家族カード
  • リボ払い
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ショッピング保険
  • 航空便遅延保険
年会費(税抜)発行スピード
本会員家族会員
130,000円4人無料約2週間
基本還元率マイル還元率ポイント名
1.0%ANA1.0%、その他0.8%メンバーシップ・リワード
  • 3つのホテルの上級会員資格
  • フリーステイギフトで年1回無料宿泊
  • ハワイも対象のコース料理1名分無料サービス
  • 充実の付帯保険(家電・ゴルフ・個人賠償責任保険・返品・旅行キャンセルまで補償)
  • アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

アメリカン・エキスプレスのアメックスプラチナは、AMEXのセンチュリオンシリーズのプラチナカードです。

金属製メタルカードのセンチュリオンには抜群の高級感があり、まさに至高のプラチナカードという様相を呈しています。

他社のブラックカード級の年会費ですが、それに見合う価値を得られる豊富な特典が満載のクレジットカードです。

主なメリット

  • プラチナ・コンシェルジェ・サービス
  • ホテル・メンバーシップで3つのホテルの上級会員資格
  • フリー・ステイ・ギフトで年1回無料宿泊
  • アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
  • 卓越した海外サポート「プラチナ・カード・アシスト」
  • 2 for 1 ダイニングby招待日和でレストランが1名分無料
  • 予約の取りづらい名店の貸切イベント「KIWAMI 50」
  • ファイン・ホテル・アンド・リゾートで世界1,000ヶ所以上のホテルがお得
  • ANAマイル還元率が1%!Amazon等は3%還元
  • セカンド・プラチナ・カードを無料で発行可能!
  • 上質な金属製メタルカードと高いステータス
  • 充実の旅行傷害保険、ショッピング関連保険、家電関連の保険、個人賠償責任保険

プラチナ・コンシェルジェ・サービスは、特にトラベル関連の手配、アメックスのグローバル・ネットワークを活かした現地情報が優れています。

海外旅行先でのサポートも万全であり、付帯保険は圧巻の内容。家電が補償されるホームウェアプロテクション・ワランティープラスというユニークな保険もあります。

アメックスプラチナの特典イメージ

アメックス・プラチナの年会費は130,000円(税抜)ですが、1日あたりのコストを出すと約356円です。

1日356円+税のコストでアメックス・プラチナの有形無形のサービスを受けられる点に鑑みると、高い年会費は十分にペイできます。

こんな方におすすめ

  • 海外旅行・出張に行く機会がある
  • 国内旅行・出張に行く機会がある
  • 高級レストランによく行く
  • 予約困難店の貸切イベントに参加したい
  • 金属製メタルカードがほしい
  • ハイステータスのクレジットカードがほしい

現在、アメックス・プラチナは当サイト経由でお得なキャンペーンを行なっています。

「何でアメックスはこんなに破格のキャンペーンを行っているの?」と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

これに関しては、アメックスの充実したサービス・高いステータスを実感すると、ずっと利用する方が多いからです。

当サイト経由での入会なら40,000ANAマイル相当のポイントをもらえるキャンペーンですので、アメックス・プラチナをまだお持ちでない方は、この機会にぜひ発行してみてはいかがでしょうか。

公式サイトアメックスプラチナ 公式キャンペーン

-アメックスの基礎知識

Copyright© アメックスガイド , 2021 All Rights Reserved.